綿と羽毛の工場 見学レポート

去る6/25布団打直工場を見学しました。

今年の展示テーマが布団となり、その造詣
を深めるため、花曇りの山梨に「プライス
展2010」の参加者8名がご訪問。



古くから山梨地域は、綿花の栽培や布団の
製造が盛んで、寝具でお馴染みの西川産業
など大手も山梨に工場を構えています。

さて、私たちがお邪魔したのは、綿と羽毛
の再生工場です。
山間に広がる盆地、ぶどう畑の隣接する自
然豊かな町で布団の打ち直しが行われてい
ました。

担当の中込さんが作業の手順を懇切丁寧に
教えてくださいました。



 1 搬入された布団の仕分け

 2 解体(中ワタの確認と分別)

 職人さんが地道に布団生地と、ワタ種で
 分けています。

 ワタも、真綿 硬綿 化繊といろいろあ
 るそうで、細かに種類があります。
 
 知っているようで知らないことばかり。
 




         仕分けているところです>


綿の洗浄作業の流れです。

ます。


 3 洗浄(大型洗濯機で丸洗い)


 業務の大型洗濯機でふとんが丸洗いされ
 ます。

 このとき、綿で洗うのと、布団ごと洗う
 など、方法もいろいろです。




        洗い上がって取り出されて>




 4 乾燥(専用機で乾燥)


 こちらは業務用乾燥機 6段式です。
 ふとんが丸ごと乾燥されます。

 ふとんの中に水が入ると湿気が飛ぶまで
 時間がかかるそう。
 ご家庭でまねしない方が良いそうです。
 中が中々が乾かないとか。

  おふくろにおねしょを叱られる訳です
 ね。乾かす苦労を今更知りました。

  
  




 5 打ち直し(ワタをブレンド)

 解綿機で、洗浄綿と足し綿をブレン
 ドします。

 綿がもわもわです。
  

 職人さんご苦労様です。











 6 縫製(直しワタの生地入)


 右の様子は、布団を生地入れしている所

 流れ作業で機械の上に綿を乗せて、
 一瞬で(一つ2分ほど)綿をいれます。

 速い!

 二人一組で行います。











花嫁わたさんは、顧客品管理が徹底されて
いて、損耗分のワタ足しを基本にサービス
を行っています。

そのため損耗処分ワタが私たちの題材
(素材)となります。











          これは縫製の機械です>


こちらは別工場の羽毛を洗浄して打ち直す
行程です。
 














    羽毛入れの機械で、大きな掃除機みたい>



見学のみなさん、思い思いの疑問を担当者
に伺っておりました。
作業される方のご苦
労に感じ入りました。 
 













      こちらは羽毛縫製の行程です>



羽毛工場から出る廃材です。細かく切れた
羽毛です。今は焼却処分されています。
燃やすと臭いがくさくて大変だそうです。













      細かい羽毛は綿ほこりのようです>



どんな製品も造る手間が大変なことを改め
て実感!
作業の大変さに触れると、大事に使わなけ
ればいけないと改めて思います。

さあどんなプロダクトに変身するのでしょ
うか?まだまだ判りません!!

今回の見学にご協力頂いた皆様ありがとう
ございました。






         これは洗浄済みの綿です>





























| 14:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
| - | - |

Comment
w そうでしたか。ww

ペン工房の研修とは、
これまた新しい仕事でしょうか...

今年の春先は、変な陽気ですよ
暑かったり、寒かったり

極端でこまりものです。w
Posted by: koba |at: 2010/06/09 11:14 AM

名無しの権兵衛になってましたね。
すみません。^^
Posted by: Ciliege |at: 2010/06/09 6:18 AM
ここでは、高度なオートメーション化ではなく、半自動化された設備の工場です。要所で人手が必要となります。

100均shopで手に入る雑貨も、要所では人手が必要です。

現代の製品は、自動化が進んでいる印象がありますが、職人さんの存在は今も重要です。

作業のご苦労を知ると、物への愛着もひとしおですね
Posted by: koba |at: 2010/05/30 11:16 AM
オートメーション化されていくものが多い中、一つ一つ手作業なんですね。
作業の大変さを知ることは大事なことかもしれません。
ものの重みがわかるというか、大事にしていこうと思いますものね。

私も来月ペンの工房で研修が入っています。
しっかり学んでこよう。
Posted by: |at: 2010/05/30 5:13 AM









Trackback





Profile
New Entries
Recent Comments
Archives
Category
メールマガジン登録

 メールアドレス

               
参加クリエーター   協力企業
Recommend
フライターグブック
フライターグブック (JUGEMレビュー »)
FREITAG lab.ag
デザインの枠に収まらない構想力がすばらしい。リユースデザインのマスターピース
Recommend
シグマ デジタルカメラ DP2
シグマ デジタルカメラ DP2 (JUGEMレビュー »)

単焦点デジカメの最高傑作!一眼デジカメにも負けない表現力、家電デジカメに満足いかない人に強力にお薦めです。
Recommend
クリスマス・エクスプレスの頃
クリスマス・エクスプレスの頃 (JUGEMレビュー »)
三浦武彦,早川和良
センチメンタルなあの時を思い出す。
Recommend