オリックス+日産のカーシェアでデザインは変わる?
カーシェアリングを展開しているオリック
ス自動車と日産が「乗り捨てシェア」の事
業実験を行うそうです。
        (日経新聞web刊10.10.13から)

予てからEV(電池)車の実用化について道具
としての疑問を感じていますが乗り捨て利
用であれば役立ちそうです。

日産はEV車「リーフ」を今年末に発売す
る予定ですが、環境負荷と性能について
実用落しどころがベストなのか判らない..

電池という部品は経年劣化が顕著なもの。
身近な携帯電話でも判るけれど、本体は使
えても電池が充電できないと役立たずにな
り電源の寿命は製品の生命線です。


トヨタは’97年にEVではなくHBD(ハイブ
リッド)車をいち早く展開しました。
燃費の向上が、電池とガソリンエンジンの
併用で

  38.0km/L
   (10・15モード燃費/現プリウス1.8L)

と、他社の類似グレードの

  20.0km/L
   (同燃費/日産ウイングロード1.5L)

と比べ実用性と燃費と性能両立が優れて
います。

ホンダのインサイト1.3Lと比較しても

  30.0km/L(同燃費)

と燃費の高さはプリウスがダントツ、先
頃発売のフィット24.5km/L(1.3L)もい

たりません。

いまのところEVと比較して実績技術とも

にトヨタに軍配が上がっていて実用性が
余りあります。



「リーフ」はリチウムイオン電池開発に
より航続距離の向上で商品化にこぎ着け
たにしては噂される航続距離は160km
とされます。

 東京・渋谷から群馬・伊香保温泉まで
が146kmでギリ到着する性能です。

福島・猪苗代湖、磐梯山周辺の温泉メッ
カは280km、

新潟・長岡283km、長野・松本223km、
静岡・下田184kmと

関東近郊のレジャースポットを思うとず
いぶんと心もとない印象です。充電スタ
ンドが未整備な状況も考えると使える気
になりません。

EVの生きる道はカーシェアのようなパー
トタイムユースなのかもしれません。
HBD、EVの販売が伸びてくるほどに生じ
る問題が中古車体と電池の廃棄量増加。



電池材料のアルミセルと内容物の電解液の
処分がどのくらい環境汚染を起こさずに実
行できるかは自動車産業界に求められる大
きな宿題です。そろそろ産業界は作りっぱ
なし売りっぱなしを改めて道具を利用し続
けるための知恵を絞ってほしいです。
例えば、中古車をHBD化、EV化できるエ
ンジンユニットの開発とサービス展開は如
何ですか?

ところで最近の自動車デザインに変化が..

それはスピードからエコを意識した造型言
語への変遷です。

長い間車のデザインは「速さ」を如何にし
て形にするかにこだわり続けてきました。

’05年愛・地球博を境に車体のデザインに
「量感」「流れ」「力強さ」などの表現よ
りも、「憩い」「やすらぎ」「知性」など
が意識されだしました。

スカイラインC型/R型に代表されるウエッ
ジシェイプからBBやキューブなどの角形
ユーティリティへ変わってきています。

パーツに焦点をあてると、リアの造型要素
に排気管を隠すデザイン処理が増えました。
以前は、排気管径が太いと排気量が大きい
印象が喚起され、エキパイを太くすること
がよろこばれ配管口の造型バランスや見せ
方が意識されていました。

力の象徴であった配管口をリアデザインか
ら隠す手法は、エコ意識の高まりと相まっ
てエンジンのHBD化EV化が影響している
のではなでしょうか。

時代の価値観はデザインの造型表現に影響
します。
 「リーフ」の「乗り捨てシェア」の広が
りを考えるとき、借り物で充分なソコソコ
のデザイン感が必要になるのかも...

車体デザインのカッコよさは所有するよろ
こびとして重要でしたが、借り物に愛着は
不要です。

乗り捨てる借り物は、使うに十分な機能と
デザイン手法が必要になるのかもしれませ
ん。自動車デザインにもコンビニエンス化
の波が来るのでしょうか?

車一台の共有が広がると、台数の減少と利
用効率の増加があります。メーカーに減産
は痛手ですが、廃車の減少につながれば環
境改善に貢献できるかもしれません。





| 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | - |

使うこと、捨てること

 最近ではレジ袋をもらわない人を日常的に見かけます。エコバッグを携帯することも習慣となってきました。

コカコーラは「 ILOHAS/いろはす 」を発売中ですが...国内最軽量ボトル/重さ12g「ECOるボトルしぼる」が売り文句です。

 これが若年層に受け入れられ環境対策と販売実績ともに好調のようです。しかし、相変わらずPETボトルのゴミは捨てられています。
 さて、マイボトル(携帯用ポット)を持ち運ぶ人も増えてきました。OLや学生などの利用率が多いように感じます。みなさんはマイボトルの中身はどこで手にいれるのでしょうか?自宅で? お店で?...  察するに出かける前に、自宅で入れるのでしょうね。
では、外で飲みきったらどうするの?
たぶん、コンビニか自販機で買いますよね。そしてPETボトルが捨てられて?...




人はとかく、使う(利用する)後のことに無頓着になります。
 せっかくマイボトルを持つ人が増えたのなら、自販機でマイボトルに注ぎ足しできるようになれば、もっと有意義なエコになるのではないでしょうか。

 写真は、サーモスのステンレスボトル。znug design 根津さんの作品です。2009年「グッドデザイン賞」を受賞しました。












こんなマイボトルが、私は趣味
シンプルでカッコイイ!

2007年のコンペ作品です。
安達 情さん作 個人的に欲しいです。

キャップがコーヒーカップのようです。どこでもカフェのくつろぎが感じられそう。

お気に入りのカフェで、ボトルにコーヒーをいれてくれるサービスがあるとイイのに...



さて、せっかくの優秀賞なのに発売されないのでしょうか?...実にもったいない。










        コカコーラ いろはす





        サーモス JMY-350





        2007 象印マホービン
    ステンレスボトルデザインコンテスト

| 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | - |






Profile
New Entries
Recent Comments
Archives
Category
メールマガジン登録

 メールアドレス

               
参加クリエーター   協力企業
Recommend
フライターグブック
フライターグブック (JUGEMレビュー »)
FREITAG lab.ag
デザインの枠に収まらない構想力がすばらしい。リユースデザインのマスターピース
Recommend
シグマ デジタルカメラ DP2
シグマ デジタルカメラ DP2 (JUGEMレビュー »)

単焦点デジカメの最高傑作!一眼デジカメにも負けない表現力、家電デジカメに満足いかない人に強力にお薦めです。
Recommend
クリスマス・エクスプレスの頃
クリスマス・エクスプレスの頃 (JUGEMレビュー »)
三浦武彦,早川和良
センチメンタルなあの時を思い出す。
Recommend